薄毛は外見的特徴に過ぎない

これまで、職場・近所・よく利用する施設など、何人かの治療を要する薄毛の男性に出会ってきました。そして、人それぞれ薄毛に対しての意識や対処法が違いました。明らかに不自然に隠している人、突っ込まれるのを警戒してか自分から自虐ネタにしてくる人、何もせず堂々としている人…。コンプレックスである事はとても理解出来ます。私自身が男性だったらとても悩むと思います。

 

でも、はっきり言って女性は何も気にしていません。「薄毛だな」とは思いますが、それは「背が高いな」「目が大きいな」と同等のその人の外見的な特徴を認識しているだけに過ぎず、薄毛だからどうのこうのと言うことはないのです。ただ、薄毛を隠すよりは堂々としている人の方が接しやすいように思います。不自然に隠している人には、必要以上に気を使います。

 

自虐が過ぎてもいけませんが、人前では明るく笑い飛ばせるくらいが良いと思います。もちろん、気にするなと言われてもすぐに前向きにはなれないかもしれませんが、薄毛に冷たい視線を向ける女性は多くないという事をお伝えしたいです。

カテゴリー: 薄毛 パーマリンク