かつらだとわからないように工夫して

私も埼玉のクリニックで育毛に頑張っていますが、職場にかつらをつけた人がいらっしゃいました。40歳よりも若い人で、見た目もそう悪くない方でした。その人が私の部署に変わってこられたときには、すでにかつらをつけているらしい、という噂がまことしやかに流れていました。でも、パッと見た感じ、というか、椅子に座られていて、そこに行き、そばで立っているときも、ですが、かつらと感じさせることはなくて、やっぱりかつらではないのかもね、といった話を女子職員の間ではしていたのです。
ある日、仕事で車に乗って、長時間移動をする、ということがあり、最初はその人が運転されていたのですが、途中から別の男性職員が運転をされ、その人は助手席に移動されました。後部座席には私の他女子職員が3人といった状態です。夕陽がまぶしい、そんな時間になってのことなのですけど、運転をされていたためか、少々お疲れの様子で、その人は首を後ろにするような形で、口を開けて、居眠りをされ始めました。そうしたところ、夕陽に照らされて、かつらの留め金がきらっと光ったわけです。
それに気づいた女子職員は、あの噂、本当だったんだ、とひそひそ話です。
それ以降、頭が気になって、あまりその人のそばには立ちたくなくなりましたし、あまり頭近辺をみることもできず、なんとなくいやだな、と思うようになりました。
居眠りをするな、というのは酷なことはわかっていますが、やっぱりかつらであることを隠すならば、最後までかつらとわからないような工夫をしてもらえないかな、と思いました。

カテゴリー: かつら パーマリンク